オフィス

nasで快適アクセス環境【仕事はかドル!】

外付けHDDとの違い

2台のパソコン

nasという言葉を聞いたことがある人は、どのくらいいるでしょう。ITに関する用語なのですが、なかにはあまり耳慣れないという人もいるでしょう。そこでここでは、nasがどのようなものなのかといったことについて紹介します。

nasとは、パソコン同士を繋げてファイルなどの共有をすることができるようにする装置のことで、写真や動画などを保存しておくことができる装置のことを指します。今ではパソコンなどだけではなく、ブルーレイなどで録画した動画などを保存しておく場所などとしても利用されています。

nasと似たような装置に外付け型HDDというものがあります。これもnas同様写真や動画などのデータを保存することができる装置で、USBケーブルなどをパソコンに差し込むことでデータを読み込んだりすることができます。このように、外付け型HDDはケーブルなどで接続するタイプのハードディスクなのですが、nasではこうしてわざわざ接続する必要がありません。ネットで繋がれているので、自分で接続しなくともすぐに保存したファイルなどを呼び出すことができるのです。

このように、現在はパソコンの利用がもっと便利になるような製品が多く販売されています。家庭や職場でのパソコン生活をより快適にしたいなら、こうしたnasなどを使用してみることも一つの方法です。
ファイルのやりとりも簡単に行なえるため、大活躍すること間違いなしといえるでしょう。
ネットにはさまざまな情報が掲載されているので、興味のある人は一度チェックしてみてください。